糖尿病の合併症~勃起障害~

EDは糖尿病の合併症の一つです

病気になるとさまざまな障害になるので生活習慣の見直しをはかろう

糖尿病(diabetesmellitus)とは、血液に含まれるブドウ糖の濃度が異常に高く、異常な喉の渇きを覚えたり、大量の排尿を必然とするという様な症状があります。
この病気のやっかいな所は自覚症状がないケースもあるという事です。
無自覚のまま慢性化していくと、体内にある腎臓や目等の広範囲に渡っていき様々な合併症を引き起こす可能性が非常に高くなると考えられます。
手足のしびれや便秘等の症状を覚える事がありますが、この症状から関連性を導き出すのは極めて困難ですから、少なくとも年に1回の健康診断の受診を疎かにしてはなりません。
一見、糖尿病と勃起障害という関連性の薄いと思われがちな2つのキーワードは、実は密接な関係がある事が多いのです。
それは、勃起障害のメカニズムにより説明する事が出来ます。
健康体であれば性的な刺激があれば、副交感神経が血流を調整することにより海綿体に血液を大量に送り込む事によって膨張してペニスが、大きくそして固くなる勃起へとつながります。
しかし糖尿病等の生活習慣病と呼ばれる病気になると血管の拡張が不十分になり、うまく血液を海綿体へと流れこみにくくし、それが勃起障害となります。
これを治療するには、まず生活習慣の改善が必要になります。
食事を青魚や野菜を中心とした食生活への変更・飲酒や喫煙を控える・運動療法と呼ばれる少し汗ばむ程度の運動を行う事が良い結果を産みます。
それでも効果の無い場合には、薬物療法を使用します。

List

Copyright © 糖尿病の合併症~勃起障害~ All Rights Reserved.